おみやげ選びのひと工夫





 最近「旅行貧乏」になっている風船。旅行と言えば「おみやげ」。ちょっと長めになりますが、おみやげ選びのひと工夫をご紹介します。


1,なにを選ぶ? 趣味の合う人、趣味を知っている人にはキーホルダーや絵葉書当地の物産品を選ぶと喜ばれますが、無難なのは食べ物。好みのチェックは必要かもしれませんが、名物の食べ物などは喜ばれます。食べ物を選ぶのに気をつけなければならないのは夏。高級和菓子やクリームが多用している物はいたみやすいので避けた方が無難です。手渡しできて、温度管理ができるなら安心ですが、郵送などの場合は冷蔵で、なるべく早く送りましょう。そして、受け取る側の消費しやすい量を選びましょう。

2,職場のおみやげ選び:休みの間お世話になった皆様に感謝を込めての物、センスが光る一品を選びたいですね。個数が多くて旅行先の名物を選ぶと喜ばれます。紙の大箱に複数入って、一つずつ個別包装されている物が軽くてお得なようです。その際、2個入りで包装されている物があり、行き渡らない事がありますので必ず確認しましょう。


3,複数の知人へのおみやげ選びはプラスワン:「あれー?ちゃんと人数分買ったつもりなんだけど足りない!どうしよう?」と言う経験された方、多いのではないかしら?余ったら自分で使うつもりで必要個数より多めに買うと安心です。「自分へのおみやげ」もお忘れなく!






戻る、夏の青空と雲のボタン 次へ、夏の青空と雲のボタン ホームへ、夏の青空と雲のボタン 目次へ、夏の青空と雲のボタン トップへ、夏の青空と雲のボタン